映画『子どもが教えてくれたこと』公式サイト

イントロダクション

毎日が、愛おしい。

photo
photo

主人公はアンブル、カミーユ、イマド、シャルル、テュデュアルの5人の子どもたち。彼らに共通するのは、みな病気を患っているということ。治療を続けながらも、彼らは毎日を精一杯生きている。家族とのかけがえのない時間、学校で仲間たちと過ごすひと時。辛くて痛くて、泣きたくなることもある。けれど、彼らは次の瞬間、また新たな関心事や楽しみを見つけ出す。そんな子どもたちを、カメラは優しく、静かに見つめ続ける。

監督はフランスの女性ジャーナリスト、アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン。自身の娘を病気で亡くした過去を持つ。自らの経験をもとに、子どもたちの持つ力を見事に映し出した本作は、フランスで23万人を動員する大ヒットを記録し、多くの人々の心を掴んだ。観客からは「子どもが病気であっても、親も子どもも幸せそうな姿に驚いた」「子どもたちはずっと笑っていて、とてもポジティブ。元気づけられた」と絶賛コメントが相次いだ。

本作は、伝統ある世界最大規模の子ども映画祭「ジッフォーニ映画祭」のGEx部門で作品賞を受賞。子どもから大人まで、世代を超えて愛される一作となった。子どもたちの発する言葉、そして生き方は、観る者を勇気づけ、パワーを与えてくれるに違いない。

監督からのメッセージ

photo

この作品を通して、子どもたちは“いまこの瞬間”を生きることの大切さを改めて教えてくれました。過去を振り返るのではなく、未来を予測するわけでもなく、ただ目の前にある、ありのままの日常、そしてその瞬間を。これは、私自身が体験を通して学んだことでもあります。
人生を一変させる試練というものは、自ら選んだものではないけれど、そうした試練をどのように生きるのかは自ら選ぶことができる。なぜなら人生をどのように導くか、決めることができるのは自分でしかないのだから。これもまた、彼らが気づかせてくれたことです。
そして私自身、かつては彼らと同じように、シンプルながらも人生に対して明確なビジョンを持つ子どもであったことも、改めて思い出させてくれました。
彼らのお陰で、人生を恐れず、どんな状況であろうといまある人生を愛せるようになった気がしています。

監督 アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン

© Incognita Films – TF1 Droits Audiovisuels